前へ
次へ

名刺を交換する時のマナーについて

名刺交換の際の受け渡しのマナーを一つ紹介します。
それは、交換する時に両者の間にテーブルや机などといった物を挟まないということです。
もしそのようなものがある場合には、相手の近くまで自ら移動して交換をしにいくのが懸命です。
もちろん名刺の表面を上にして交換します。
そして相手が差し出してきた高さよりも低い位置で渡す、といったことも大切になってきます。
そうすることで、相手には謙虚なイメージを持たれ印象も良くなります。
名刺を渡す時、自分の会社名や部署の名前、自分自身の名前を明確にしっかりと言います。
そしてもらう時には、「頂戴いたします」と言います。
ただただ渡すだけではなく、こういった言葉でのやり取りも大変重要になってきます。
場合によっては相手と同時交換をする時もあります。
右手で自分のものを渡し、左手で相手のものを受け取るといった作法になります。
当然、この時も会社名や自分の名前をはっきり言い、「よろしくお願い致します。
」と言います。
その後、名刺入れの上に乗せます。

Page Top