前へ
次へ

名刺交換の正しいやり方やマナー

他社に営業に行かなければならなかったりする現代社会での目上の人に対する名刺交換では、正しいやり方やマナーがたくさん存在します。
まず営業に行く前に確認しておきたい事は、名刺を忘れたり切らさないといった事です。
これをしてしまうと営業先に誰が来たのかわからなくなってしまったり、連絡をするために時間がかかったりしてしまいます。
また、相手にも失礼になってしまい、この後のやりとりにも影響してしまう可能性もあります。
そして営業先で大事になってくるのが、名刺を渡す順番です。
基本的には、目下の者から目上の者に渡す、と言った感じになります。
目下の者とは、お金をいただいたり仕事をいただいたりする立場の人のことを指します。
もし目下側の立場の人が複数人いる場合には、その中でも一番偉い人から名刺を先に渡していきます。
つまり部下の立場になればなるほど、渡す順番は最後の方になってくるわけです。
このように正しいやり方をしっかり学んでおけば、相手にも好印象を与えることができます。

Page Top