前へ
次へ

好印象を与えるための名刺の書き方

現代社会での名刺の役割は大変重要なものになっております。
初めてお会いする相手とじっくり話す機会がないという場面は、仕事をしていく上で数多く存在します。
人は少しの時間会っただけの人の事は、あまり覚えていないことがおおいのです。
そんな時でも必ず名刺というものはお渡しするはずです。
要するに、そこに書かれている情報によって、自分の印象が左右されてしまう事があるのです。
相手の立場になり、どうすればより良い名刺ができるか考えることが重要です。
名刺をワンランクアップさせるための書き方ですが、自分の会社のアピールポイントなどを記載しておくと、相手に自分がどのような人間なのかわかりやすく伝わります。
あと、よく見かけるのが連絡方法が全部小さな文字で書いてありますが、その中でも自分がよく使う連絡方法は大きい字で書くことです。
文字の色も薄いグレーなんかよりは濃い黒の方が、お年寄りの方などにも見やすくて好印象になります。
地図や似顔絵、顔写真なんかも入れる場合があります。

Page Top