前へ
次へ

より良い名刺を作るためのポイント

名刺は江戸時代から使われているものです。
しかし、最近のものは昔のものとは違い、書かれている情報の量やデザインが異なります。
ですから、そこに書かれている内容やデザインが非常に重要であり、それによって相手の受ける印象も変わってきます。
つまり自分のアピールポイントの一つでもあるわけです。
たかが一枚の紙と思われるかもしれませんが、後々これが仕事に大きな影響を与える場合もあります。
連絡先がわかるかわからないかだけでも、大きな差が出てきます。
より良い名刺を作る上で重要な点の一つは、会社名や連絡先、自分の名前などの情報がきちんと間違いなく書かれているかどうかです。
このような間違いは、意外と多いのです。
折角相手に名刺を渡せても、連絡先が間違えていたら、連絡が取れません。
これは自分にもマイナスになりますし、相手にとっても悪い印象を与えます。
名刺を作った後は、書かれている情報が間違えていないか、自分の電話番号に電話を掛けてみたり、メールアドレスにメールを送る、自分のサイトにアクセスする、などといった事をする事をおすすめします。

Page Top